How to

メタルティップラン第2章の幕開け!オーシャンスピアのスピニングモデルは楽しみが満載🦑

皆様こんにちは。Ripple Fishing Web しんちゃんです。ついに今年もイカメタルが開幕しましたね!各地で大型のケンサキイカが乱舞しています!

そんな今シーズンに待望のアイテム、そう、オーシャンスピアのスピニングモデルが降臨しましたね!今回はオーシャンスピアのスピニングモデルを使ったメタルティップランの攻略法をお届けしたいと思います!

※飛ばして読んで頂いても結構ですが最後の注意事項は必ず読んでくださいね!

オーシャンスピアのスピニングモデルが生かせるシチュエーションとは?

オーシャンスピアのスピニングモデルを存分なく生かせるシチュエーション、それは底取りが出来るポイントです。

底取りと言っても今が旬のボトム狙いを意味してる訳ではありません。もちろんボトム狙いでも断然効果はありますが今回ご紹介する方法は少し違います。

オーシャンスピアのスピニングモデルは船が流れない時のティップランの究極メソッドで攻略!

オーシャンスピアのスピニングモデルは水深30m前後が最も効果を発揮すると私は考えています。

なぜかと言うと、広範囲にキャストが出来て何回も底取りが出来るからです。

何回も底取りをするで連想されるのが…そう、ティップランです。

それも船が流れない時のティップラン!

船が流れない時のティップランをオーシャンスピアのスピニングモデルでやってみよう!

通常のティップランはご存知の通り船を流しながら底取りをしてしゃくり上げてアタリが無ければ再び底までエギを落としこれを3回程度繰り返します。

しかし船が流れなければ成立しないティップラン、それを成立させようとする方法が今回ご紹介する船が流れない時のティップランでありメタルティップランの応用編です。

船が流れない時のティップランはどうやるの?

  1. エギをキャストし、着水したらフリーフォールで底まで落とします。
  2. 着底したらいつものティップランどおりワンピッチジャークで8~10回(水深にもよります)しゃくりあげます。
  3. そしてピタッと止めてエギをカーブフォールさせます。この時にアタリが出ます。
  4. カーブフォールしたエギはアタリがなければ再び着底します。そして①に戻ります。

これを3回くらい繰り返すと船の真下にエギが来るので回収します。

これが船が流れない時のティップランの究極メソッドで五ヶ所湾の渡船屋たにぐちの谷口船長に教えて頂いた方法です。

じゃあこれをオーシャンスピアのスピニングモデルでやればいいの?

そうです。これをやるのですが注意すべきは仕掛けが真下に来た時です。

①~③を繰り返しているとイカがスッテに誘われ着いてきています

そして船の真下に来た時にたまらずスッテを抱いて来る場合がありますのでステイを長めに取ってシェイクやテンションフォール等の誘いを入れてやる事が大切です。

オーシャンスピアのスピニングモデルで暗闇のイカを引きずり出そう

さて、この攻略法、実はイカメタルをされてる方の間では良くやられている方法です。

僕もティップランタックルでよくやっていました。

しかしロッドが長い分キャストしにくく一つスッテでやっていましたのでアピール力に欠けるんですよね。

でもこれをやるとですね、…まわりが釣れ出します(笑)

圧巻だった佐藤丸さんでのイカメタルの出来事

近年良くお世話になる福井は小浜 犬熊の佐藤丸さん!ある時中々釣れずに手こずっていると…

僕の隣に来て「なんや全然釣れてへんやんけ~!」とニヤリ…💦

おもむろにスピニングタックルで遠投し始めると…なんと僕にアタリが!

そう、沖のイカを誘ってきたのです!

これにはビックリ!その後も佐藤丸さんに通いある時撮った映像がこちら!

もう圧巻でしたね!

イカは光を避けているって実話

この時の佐藤船長、スピニングタックルで大遠投されてます。

よく見るとイカメタルで狙う明暗部よりも更に奧、つまり真っ暗闇の海域にスッテを送り込んでいます。そしてバンバン釣っています。

これが不思議で仕方なかったんですが帰って眠れず朝まで考えてようやくわかりました。

相方のしんちゃんが言ってた事

減灯するとイカが浮いてくること

みよしとトモ、スッテのチョイス

それぞれのパズルがようやく組み合わさって、あ、そりゃ釣れるよなってわかりました(笑)

少し解き明かすとイカは光に寄ってきているのではなくて暗い場所から明るい楽しそうな場所を怖々見ているって事です。つまり光は大嫌いなんです。多分ね。

なので減燈すればイカが浮いてくるしグローカラーに反応する

スッテのカラーをチェンジしたら即反応がある

そう思わずにはいられませんでした。

オーシャンスピアのスピニングモデルを使った攻略法の注意点

今回ご紹介したオーシャンスピアのスピニングモデルを使ったメタルティップランの攻略法ですが、これだけは守って頂きたい注意点があります。

それは潮が早い時のロングキャストは禁物!これです。

船が動かない時のティップランをメタルティップランに応用するわけですが、そもそも船が動かない=風がなくベタ凪で潮も動いていない訳です。

しかしイカメタルの船は一般的にアンカーを打って潮は常に動いています。

もうおわかりですよね!つまり潮が動いている時に遠投してフリーにスッテを落とすと当然流されて同船者の仕掛けと絡まりおまつりしてしまいます。これだけは絶対に避けなければなりません

運良くミヨシ(船の最前列)やトモ(船の最後尾)の釣り座だったら前方や後方に遠投出来ますのでおまつりのリスクは少ないですが船の真ん中あたりの釣り座ではほぼおまつりしてしまいます。

なので潮の動きを良く見てキャストする幅を調整して下さい。

また、船によってはキャストを制限される可能性もありますのでご注意下さい。

私からのお願いですm(_ _)m

オーシャンスピアのスピニングモデルでメタルティップランを満喫しよう!

最後までお読み下さりありがとうございます。次回はオーシャンスピアを使ったメタルティップランの最適な仕掛けやスッテなどをご紹介したいと思います。

もちろんオーシャンスピアのスピニングモデルのファーストインプレッションも!

実は先日の釣行が中止になってまだ使っていません(笑)

それではまた~!

Good fishing with Ripple!

合わせて読みたい

ABOUT ME
Lonely Shinchan
・関西在住のスクイッドアングラー(イカ釣り師) ・運営サイト Ripple Fishing Web ・TSURINEWS Webライター  ・TSURINEWS コンテンツ大賞2019 TSURINEWS賞受賞 ・TSURINEWS コンテンツ大賞2020 TSURINEWS賞受賞 びわこのほとりに住むアングラーです。ブラックバス釣りを経て今ではイカ釣りメインに日本海は福井県、太平洋では三重県を中心としてイカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいます。時々ジギングやります。