New

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナってどうなの?

[vkExUnit_ad area=before]

皆様こんにちは。さて、今回のブログはイカメタルやメタルティップランのスッテやエギのカンナのお話です。

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナってどうなの?

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナの不思議

各メーカーからリリースされているスッテのカンナ2段式、つまり2つのカンナがついているモデルがほとんどです。このカンナ、なぜ2つもついているのかと言うと、そもそもスッテはルアーと言うより漁具なんですよね。釣具屋さんによっては完全に漁具に指定されているお店もあります。2段のカンナの役割は各メーカーの仕様により違い、1段目はフッキング用、2段目はフォール用なんてメーカーもありますが、要は足の短いケンサキイカやヤリイカ等のツツイカを掛けやすく、掛かりやすくするために2段になっているようです。

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナの数の違いによるメリットとデメリット!

さて、掛けやすく掛かりやすい2段式のカンナを深堀りしていくと、確かにフッキング率は上がるのかもしれませんが、イカが抱かないことには話になりません。色んなイカメタルの水中動画を見ていると、イカがカンナにアタックして違和感を感じたらそのイカは戻って来ない映像もあり、イカはカンナを嫌ってる事がわかります。つまりカンナの数が多ければカンナにアタックする確率も上がり、逃げる確率も高くなります。逆にカンナを1段、つまりシングルにしてサイズも小さくすると同じ状況であればカンナにアタックする確率は減りスッテ本体を抱く確率が上がりますが、カンナがひとつなのでフッキング率は下がる事になります。あくまでも机上の空論かもしれませんか…。

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナはシングルのほうが良い説

この事を相方のしんちゃんに投げかけてみたところ意外な意見が!

しんちゃん
しんちゃん

しんちゃん、カンナはシングルのほうがええよな!

相方のしんちゃん
相方のしんちゃん

私もカンナは単がいいと思います。

  • 理由①Wカンナは実釣中に上カンナと下カンナの間にPEラインが絡む。(結構よくある)
  • 理由②釣れたイカを生け簀に投入する際にWカンナは上手く外れずにゲソが手にまとわりつく事がある。さらに指かじられて痛い(結構よくある)
  • 理由③Wカンナはやはり潮流の影響を受けやすい気がする。ステイしてるつもりでも案外フラフラしてるかも。
  • 理由④釣れる時は単でもWでも釣れる❗あかん時は何してもあかん❗(しょっちゅうある)ですが、メーカーのはほぼWカンナばっかり。ガマカツの鉛スッテに単があるけどイマイチ魅力が無いです。

流石はしんちゃん、ぷっと吹き出す笑いを入れながらの回答に納得。そんな時に見たスッテと動画がこちら…。

流石は常吉ワームの生みの親!更に納得。

そもそもイカメタルやメタルティップランで使う鉛スッテってどうなの?

そもそもイカメタルと呼ばれる釣り方がまだなかった頃は、50号程度のイカオモリにプラヅノ針をたくさんつけてぶっ込む胴付き仕掛けが主流でこれをライトタックルでやろうと先人の諸先輩方により編み出された釣法がイカメタルなんですよね。

仕掛けを底まで落とさないといけない事から鉛を使い、鉛にカンナを付けて釣れる事がわかりアピール力を強めるためにリーダーの上に浮きスッテを付けたオバマリグが開発されて今に至るみたいな。

ティップランで流行ったお助けリグは、下のエギで誘って上のエギで掛ける釣り方で、ほとんどの場合、上のエギに掛かります。つまり下のエギはオモリ的要素が強く、これはイカメタルでも同じに思われます。私もそう思っていました。ただ違うのは下のスッテでもイカを狙っている点と、ターゲットがアオリイカではなくケンサキイカやヤリイカ等のツツイカを狙う点で、比較的根の荒いポイントを流すティップランと、根の優しい水深のあるポイント(ヤリイカ除く)に船を固定し、ライトを付けてイカを寄せて釣るイカメタルでは、同じ2段仕掛でも大きく違う事ですね。

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナはこうあってほしい!

さて色々書きましたがオモリ敵要素の強い鉛スッテのカンナは1段、つまりシングルで良いのでは?と言うのが私の結論です。更に言うとファーストタッチで間髪入れずに掛けることが可能なメタルティップランではフッキング率も上がると考えています。もうひとつ言うとカンナの針の数、あんなに要らないのではと素人考えながら思います。たまたま昨日TVを見ていたらタイラバをやっているプロの方が針は1つ、何故なら2つにするとフッキングの力が半分に分散されるからと仰ってました。まさにその通りでカンナの針もしかりだと思います。

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナの今後はどうなるの?

さて、今年も各メーカーから新製品が続々とリリースされるようで楽しみですね。そんな中で気になるスッテがこちら!

「ともぐいスッテ」

このスッテのカンナ1段、つまりシングルです。ボディも斬新でリアウエイト!開発されたのはイカメタルのスペシャリスト、Anisakisの岩城さん、竹宝丸の竹腰船長も開発に一役買っておられるとかで発売が楽しみで仕方ありません。

Anisakis 岩城さんのブログはこちら↓↓↓




竹宝丸 竹腰船長のFBより引用

岩城さん、竹腰船長、ブログ並びにFB投稿の掲載を了承いただきありがとうございます。

今後の鉛スッテの選び方は、カンナの数もポイントになってくると個人的には思っていますが果たしてどうでしょうか?

イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナの考察!

今回は、イカメタルやメタルティップランで使うスッテやエギのカンナについて色々書かせて頂きましたがいかがだったでしょうか?あくまでも個人的な見解ではありますが、タックルチョイスされる時に少しでも今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。最後までお読み下さりありがとうございました。それでは良い釣りを~!

『合わせて読みたい』

【イカメタル】これが水深40Mの世界だ!! By「chimo crazy」

これは便利!イカメタル&メタルティップランの便利アイテムランキング5選!

代用可能?本当によく釣れるイカメタルのタックルをご紹介

メタルティップランの全て「メタルティップラン徹底解説」オーシャンスピアで爆釣!タックルや仕掛け、釣り方、誘い方のテクニックはイカに!

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
Lonely Shinchan
・関西在住のスクイッドアングラー(イカ釣り師) ・運営サイト Ripple Fishing Web ・TSURINEWS Webライター  ・TSURINEWS コンテンツ大賞2019 TSURINEWS賞受賞 ・TSURINEWS コンテンツ大賞2020 TSURINEWS賞受賞 びわこのほとりに住むアングラーです。ブラックバス釣りを経て今ではイカ釣りメインに日本海は福井県、太平洋では三重県を中心としてイカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいます。時々ジギングやります。
PAGE TOP