How to

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰り保存するためのおすすめアイテムを一挙ご紹介🦑

こんにちは、Ripple Fishig Webしんちゃんです。

今回はイカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰り保存するためのおすすめアイテムを一挙ご紹介したいと思います。

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰るためのクーラーボックス5選

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス キャスター付き 釣り用 スペーザ プレミアム

シマノのクーラーボックスの中で最も高い保冷力を持つクーラーボックスです。
遠征釣行や、連続釣行時に最適なクーラーボックスで、イカメタルで釣ったイカを高い保冷力で新鮮な状態で持ち帰り、翌朝まで十分に保存できるタイプになります。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス スペーザ ベイシス キャスター付 (25~35リットル) 250UC-125N/350UC-135M 釣り用

シマノのクーラーボックスの中ではミドルクラスのモデルになります。素材:PP樹脂+発泡ポリスチレン+1面真空パネル(底)で高い保冷力により、イカを保存できます。

ダイワ プロバイザートランクHD II SU 3500 IM

ダイワのクーラーボックスの代表モデル、プロバイザーシリーズにイカ専用のイカ様トレー3枚が標準装備されたセットモデルになります。高い保冷力とジャストサイズのイカ様トレーでイカメタルビギナーの方や、新鮮にイカを持ち帰りたい方におすすめのクーラーボックスです。

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα (2020モデル)

ダイワのクーラーボックスの中でもコストパフォーマンスに優れ、軽さがうれしいモデルになります。イカメタルやメタルティップランでたくさん釣ったイカをトレーやカゴに並べて収納すると重量が増えますが、船から車までの運搬も、クーラーボックス自体の軽さがカバーしてくれます。保冷力は高級モデルに比べれば落ちますが、釣りからの帰宅後すぐに冷蔵庫に入れれば問題ないモデルになります。

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス プロバイザーHD S/GU/SU/ZSS/EX ZSS

ダイワのクーラーボックスの中でもコストパフォーマンスに優れた発泡ウレタン素材のモデルになります。持ち運びに便利なロングハンドルで、コンパクトサイズは、新子のイカの数釣りや、釣りだけでなく多くのレジャーシーンで活躍が期待できるクーラーボックスです。

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰るためのトレー4選

シマノ(SHIMANO) イカ 冷えキントレー

シマノの冷えキントレーはイカ先生こと 富所 潤さんが監修したイカ専用トレーになります。イカを効率よく冷やすことが出来、イカを並べない時はトレーを重ねることが可能で扱いやすく数あるトレーの中でも人気を博しているアイテムになります。

冷えキントレー紹介ページ”シマノHPより引用”

バレーヒル(ValleyHill) スクイッドキーパー DX L シャンパンゴールド.

バレーヒルのスクイッドキーパーは熱伝導性能に優れたアルミニウム素材を使ったイカ専用トレーです。熱(冷気)が重ね合わせたトレーに直接伝わりますので冷却効果が高く良く冷えます。トレーの両サイドに手持ち用のひもがついていますので運搬も楽に行えます。

タカ産業 アルミ製イカトロ箱 T-165-S S

釣り用の便利アイテムとして定評のあるタカ産業がリリースしているアルミ製トロ箱になります。バレーヒルのスクイッドキーパーと同じくアルミ製ですので熱(冷気)が伝わりやすく良く冷えます。

アカオアルミ システムバット 小 50 アルミ 日本 AGY07305

アルミ製の食品用システムパットは餃子等を並べるのによく使用されますが、イカメタルアングラーの間では、専用トレーがリリースされる前からイカを収納するアイテムとして使われてきました。軽くて便利で何と言ってもコストパフォーマンスが高い点で人気があります。よく四隅に穴をあけて使う方法が紹介されていますが、次にご紹介するシートを使うことでその必要はなく、イカメタルで釣ったイカを新鮮に持ち帰ることが出来ます。

ダイワ(DAIWA) イカ様トレー AL(M) 3枚セット

ダイワ(DAIWA) イカ様トレーは、形がシマノの冷えキントレーに似ていますが、特殊な樹脂素材を採用しておりトレーが一度冷えたら温まりにくい構造になっています。底面にアルミプレートが装備されたモデルもあり、イカの冷却度を高めたい方におすすめです。冷えキントレーが上部から下に向かって冷気を伝えるのに対し、イカ様トレーは最下部に敷いた氷の上にトレーを置き、下から上に向かって冷気を伝える仕組みになっています。冷えキントレーよりも軽く、コストパフォーマンスに優れているトレーになります。

イカ様トレー紹介動画

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰るためのキッチンペーパー3選

フレッシュマスター

フレッシュマスターはユニ・チャームからリリースされている食品用のシートになります。特殊な二重構想になっていて、魚やイカのドリップのみを吸い込み、余分な水分はそのままになるためみずみずしさ保たれます。イカで言うと、吐いた墨やドリップのみを吸いますので、イカが黒くなりにくく新鮮な状態で持ち帰ることが可能です。数年前に私が自ら使い、ブログで紹介したところ爆発的人気を博し、今ではイカメタルアングラーの間でも有名になっているアイテムです。

リード ヘルシークッキングペーパー 38

やや高級なキッチンペーパーとして破れにくく扱いやすいタイプになります。吸水性も高く食材への逆戻りが少ないため、トレーに敷くシートとして安く済ませたい方におすすめです。

グリーンパーチ ロールタイプ カッタータイプ

グリーンパーチは魚熟成シートで良く鮮魚店で見かける緑色のシートになります。業務用になっていますので、小売店では手に入りにくく、カットするのが難点ですが、シートの性能は高く、イカに限らず、釣った魚を包み込むシートとして、アングラーの間では人気の高いアイテムになります。

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰って保存する時の収納袋3選

北越産業 冷凍袋 LL

イカを下処理せずにそのまま冷凍保存する時におすすめのアイテムです。イカを入れた後にポリバケツにつけ水が内部に入らないようにすると水圧で真空状態を作ることが可能です。そのまま冷凍すれば新鮮味が失われずに保存ができる画期的なアイテムです。

HOSOYAKAMITEN(細谷紙店) 恵比寿さまのイカサマ袋

イカを生かしたまま持ち帰る事が可能な袋になりますが、生かして持ち帰るためにはそれなりの準備が必要です。破れにくい素材になっていますので小分けしておすそ分けする時などに便利な袋ですね。

タカミヤ(TAKAMIYA) H.B concept イカ袋

こちらもイカを小分けしてクーラーを汚さないために使用するアイテムになります。

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰って保存するための冷凍庫3選

ハイアール 66L チェストタイプ 冷凍庫(フリーザー)直冷式 ホワイトHaier JF-NC66F(W)

イカを持ち帰り、家庭用冷蔵庫で冷凍保存する量は限界があります。そんな時にイカ専用の冷凍庫が欲しいですよね。こちらの商品は前扉式で開閉が楽なタイプです。音も全くと言っていいほど気にならない静音タイプなので夜間でも安心して使用できる冷凍庫です。

アイリスオーヤマ 冷凍庫 60L 

ノンフロンタイプで設定温度も5段階調節が可能な冷凍庫です。サイズもコンパクトで静音タイプなためキッチンやダイニングに設置しても差し支えなく安心して使える冷凍庫です。

シャープ 86L 冷凍庫(フリーザー)直冷式 ホワイト系SHARP FJ-HS9X-W

大手メーカー、シャープの86L冷凍庫はその収納量とは思えないコンパクトなサイズで釣ったイカを存分に冷凍できる冷凍庫になります。高い省エネ性能と冷気の無駄を防ぐ4段ケース収納式フリーザーがイカを素早く新鮮な状態で冷凍保存します。

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰って保存するための真空パック機3選

FoodSaver 【公式】 真空パック機 フードセーバー FM5460-040 

アメリカでのシェア№1の真空パック機フードセイバー!よくテレビショッピングでも見かける商品です。イカに限らず食品は酸素に触れた状態で保存すると酸化による損傷が激しくなりますが、真空にすることでこれを防ぐことが出来ます。また保存期間も長く保てますのでいつでも解凍して美味しくいただくことが可能です。

アイリスオーヤマ 真空パック フードシーラー VPF-385T

アイリスオーヤマ製のコストパフォーマンスに優れた真空パック機になります。誰でも簡単に真空パックできますので奥様を始め家族みんなで食品の真空パックを楽しむことが出来る。そんなアイテムになります。

自動真空パック機、1つで5役 FRESKO食品用ハンズフリー真空パック機

全て自動で手軽に真空パックが可能なアイテムになります。ユニークで鮮やかなデザインはキッチンに彩りを与え真空保存が楽しくなる、そんなアイテムになります。

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰 って保存しよう!

今回はイカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰り保存するためのおすすめアイテムを一挙ご紹介いたしましたがいかがだったでしょうか?

イカメタルやメタルティップランで釣ったイカを新鮮に持ち帰りる方法や、アイテムの選び方などは別記事に書いていますのでご参考にしていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。 それではまた~!

Good fishing with Ripple!

ABOUT ME
Lonely Shinchan
・関西在住のスクイッドアングラー(イカ釣り師) ・運営サイト Ripple Fishing Web ・TSURINEWS Webライター  ・TSURINEWS コンテンツ大賞2019 TSURINEWS賞受賞 ・TSURINEWS コンテンツ大賞2020 TSURINEWS賞受賞 びわこのほとりに住むアングラーです。ブラックバス釣りを経て今ではイカ釣りメインに日本海は福井県、太平洋では三重県を中心としてイカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいます。時々ジギングやります。